読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直な関係

いい加減みんな正直になったらどうだ

ルッキズムの否定vs美人が好きな気持ち

f:id:kzni_d:20170316102421j:plain

 

こんにちは。のきです。

 

僕、ルッキズムが許せないんですよ。

 

 

ルッキズムっていうのは外見至上主義という意味でして、はてなキーワードから引用すると

容貌(見た目)による差別、または他者を差別する段階にまで至った外見至上主義のことを指す。どこまでを差別の問題ととるかは非常に多様であり、顔面に障害をもった人に対する就職・結婚等の差別を想定する場合もあれば、会社の受付係に美しい女性だけを配置することを批判したり、ミスコン・ミスターコンテストの類に反対したりする場合もある。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EB%A5%C3%A5%AD%A5%BA%A5%E0

だいたいこんな概念です。

 

外見、とくに顔面の造形って選択不可じゃないですか。生まれつき。

MMORPGみたいに細かく指定できたら苦労ないですけど、現実は違う。

百歩譲って、顔面に点数が付くのは許します。だけどそれが人生に影響するとなると、スゲー残酷だと思いません?ほぼ運じゃん。

大学ミスコンとかだと、優勝者は車とか内定がもらえる場合があるらしいですよ。くそったれが!

 

さらにこのルッキズムの悪質なところは、性別によって差が大きいということなんですね。

化粧品のCMをはじめ、いたるところで「女性は可愛くあれ」っていう圧力があるじゃないですか。「男はイケメンであれ」なんて言われないのに。

前回の記事にも書きましたが、僕は人は自由だと思っているのでそういう圧力とか風習が嫌いなんですよ。

 

 

だけど困ったことに、僕はブスより美人の方が好きなんですよ。

自分の気持ちには正直でいたいから、どんな圧力があってもこれは曲げられない。

 

美人のほうが後天的に性格も良くなるからとかではなく、単純に顔がかわいい人が好きなんですよ。僕の中の性的魅力尺度では明らかに美人が勝ちます。

だからセックスするとなれば美人のほうが嬉しいし、ブスだと嬉しくないんですよね。ほとんどの人がそうだと思いますけどね。

 

頭ではわかってるんです。顔の美醜で態度を少しでも変えるのは良くないと。

だけど僕の脳と下半身が本能レベルで美人のほうを優先するんです。

ルッキズムなんて無くなれと思いつつも、受付のお姉さんが美人だとちょっと嬉しいんです。

 

このジレンマ、どうにか自分の中で折り合いをつけたいんですが、どうしたもんですかね。個人の趣向っていうことで解決できませんかね。

 

ルッキズムは心から否定してるんだけど、美人は心から好きだ。

両方を尊重してバランスよく他人や自分と接することがでいたらいいのに、と思います。